女性

砂利を敷くメリット│カラーバリエーションも豊富

樹木の手入れ

剪定ばさみ

庭木は定期的に剪定を行なわないと、どんどん成長して敷地からはみ出してしまいます。落ち葉が近隣の住宅に及んでしまうと、近隣トラブルになってしまう恐れがあるので注意が必要です。また、伸びきった葉が日当たりや風通しを悪くしてしまうケースがあります。通気性の悪い庭になることで、他の植物に悪影響を及ぼす恐れがあるのです。剪定を施すことで、植物の状態を健康に保てます。また、日当たりが良くなるのでスズメバチなどが、巣をつくるのを未然に防ぐことができるでしょう。植木の形を揃えることで、統一感のある庭になります。住宅の美観性を高めるためにも、剪定は必要不可欠なのです。
樹木の種類によって、剪定の時期や方法は異なります。基本的な剪定方法は、幹や枝を整える作業方法です。樹木が休眠している時期に剪定を行なうことで、整った状態が長期間維持できるでしょう。一般的には、葉が全て落ちた冬の時期が剪定のタイミングだと言われています。バランスのとれた庭にするためにも、適度に剪定を行ないましょう。
剪定は、樹木に適した作業方法を選ぶことが求められます。そのため、専門の知識が必要になるのです。高所作業になることも多いので、個人での作業はおススメできません。プロの造園業者の利用が勧められます。造園業者では庭の状態を考慮した上で、手入れのプランを提供してもらえます。あなたが理想とする庭のイメージを正確に伝えることで、理想的な庭になるでしょう。