女性

砂利を敷くメリット│カラーバリエーションも豊富

業者選びが大切

作業員

庭木の伐採や剪定を検討する際は、料金を把握しておくと良いでしょう。多くの造園業者では、木の高さや、太さにリスク係数を加えた算出方法を採用しています。リスク係数とは、樹木の高さが10メートルを超えた場合や、作業箇所に電線などあり、作業に危険が伴うと判断された時に加算される係数です。住宅の形状や環境によってリスク係数は異なります。そのため、庭木の剪定は、複数の造園業者から見積もりを取ると良いでしょう。また、伐採や剪定作業にクレーン車などの重機が必要になった場合は、別途オプション料金が発生します。傾斜が急な土地や、草むらに大量のゴミが投棄されている場合は、現地見積もりが必要になるケースがあります。電話などでお問い合わせを行なう際は、土地の状況や環境について説明しておくと良いでしょう。
庭木の剪定は定期的に行なう必要があります。そのため、利用する造園業者は同じ業者を利用し続けることが勧められます。スタッフが庭木の状態などを把握していることで、スムーズな作業が期待されるのです。ですから、長く付き合っていく造園業者選びは慎重に行なうことが求められます。造園業者のホームページなどを確認して、サービス内容や料金プランを比較することも大切です。また、口コミサイトなどを利用して、評判の良い造園業者を選びましょう。
利用者に対して親身に対応してくれる造園業者は、あなたの庭をより良いものにしてくれるでしょう。